固定種の甘いボウブラでつくったスープ

ぼうぶらポタージュぼうぶらカボチャのF1種「万次郎」を自家採種してつくり続けて5年目、とても甘いボウブラで固定したようです。
果肉は柔かく、煮付けにするとトロケルように崩れるのですが、とても甘いのでポタージュスープにすると、とびきりに美味しいスープが出来ます。
厚くスライスすれば、蒸し野菜にも合います。

ポタージュは、お湯でゆでたボウブラと牛乳をミキサーにかけ、塩麹と胡椒で味付けをしました。それだけなのに、美味しい!!

固定種とF1種を知らない人のために・・・・・
野口勲さんの著書『いのちの種を未来に』より

※固定種の種

何世代にもわたり、絶えず選抜・淘汰され、遺伝的に安定した品種。ある地域の気候・風土に適応した伝統野菜や地方野菜(在来種)を固定したもの。
・生育時期や形、大きさなどがそろわないこともある。

・地域の食材として根付き、個性的で豊かな風味を持つ。

・自家採取できる。


※F1種の種

・異なる性質の種を人工的に掛け合わせてつくった雑種の一代目

・F2(F1の種から採取した種)になると、多くの株にF1と異なる性質が現れる。

・生育が旺盛で特定の病気に耐病性をつけやすく、大きさも風味も均一。
大量生産・大量輸送・周年供給などを可能にしている。

・自家採取では、同じ性質をもった種が採れない。

2015.01.27 | レシピ

冬はやっぱりキムチ

キムチ冬の漬け物はキムチです。もう何回か登場したので、今日は簡単に紹介しますね。
まず、畑にある白菜や大根を塩だけで浅漬にします。
水が上がったら、漬け物器からあげて絞り、キムチ風の味を付け。
使うのは
・ナンプラー
・リンゴ
・キムチ用の粉唐辛子
・しょうが
・ニンニク
です。

リンゴは摺おろして使います。

今日は、白菜と人参を使っています。

2015.01.18 | レシピ

玉葱だけの味噌カレー

味噌カレー今年の11月、熊本の農業公園で開催された「ゆうきフェスタ」で、サッカー教室に参加した子供達に有機野菜の美味しさを味わってもらおうと、「必勝!味噌カレー」が振る舞われました。
そのレシピを聞いて早速トライ!
水分をいれないので、ドライカレーのようになりましたが、玉葱だけと思えない美味しさです。
少し水分をいれれば、まろやまなカレーになるはずです。

カツは、車麩に下味をつけてパン粉をつけ、自家製の菜種油で揚げて、カツにしました。

<材料>1人分
玉ねぎ 3個
味噌 大さじ1
なたね油 大さじ1/2
カレースパイス 
ガラムマサラ 少々


① フライパンに油をしき、とても弱火でスタータープパイスとしてローリエの葉、シナモンスティック、カルダモンをゆっくりと炒め、油に辛みと香りを移します。
② ①に、ニンニク、生姜のみじん切りをいれ炒め、更にガラムマサラ、黒コショウを入れて炒めます。
③ 玉ねぎは3個はすり下ろすか、ミキサーにかけておきます。
  (2個をすりおろして、1個はざっくり切っておいてもいい)
④ ②に③と味噌を加え、水分を入れずコトコト煮込みます。
⑤ 最後に塩で味付けをし、辛みもガラムマサラコで調整します。

2015.01.12 | レシピ

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html