かつぶしと昆布でつくった出汁と百草園のうどん

だしうどん肉うどんだしうどん人参天ぷらかつぶし2

11月8日に「くまもとのタネと食を守る会」主催で行われたワークショップに参加しました。良い出会いもあって,楽しかった!
今日は、お土産にいただいた鰹節と昆布を使った出汁(だし)に、百草園の細麺のうどんを入れて、お昼ご飯をいただきました。
出汁も本物でかつ節や昆布の味を感じることができて、うどんも小麦の味がよくて、美味しくてお腹いっぱい。
つくったのは,人参の天ぷらのトッピングとタマネギとお肉の甘辛煮のトッピングのうどんです。ゴボウがあったら、ゴボウの天ぷらをつくりたかったのだけれど、畑から掘っなかったのでつくれませんでした。残念〜。

百草園の麺は、自分達の畑で麦を栽培して、栃木県の黒澤製麺所まで小麦を送って麺にしています。
黒澤製麺所は無農薬で、有機栽培の小麦しか扱わないという、日本で数少ない、こだわりの製麺所です。
製粉にもこだわり、小麦の約8割を製粉することで、色は黒っぽく小麦の香り豊かなうどんが仕上がります。
代表の黒澤真治さんは、栃木に住む知人を通じて、「廃業する製麺所が機械の後継者を探している」と知り、機械を譲り受けて開業するために埼玉県から栃木へ移住された方です。良い製麺所に出会いました。












2020.11.12 | レシピ

さつまいもの天ぷら

サツマイモの天ぷら百草園のホームページを、携帯にも対応できるよう改変を頼んでいるので、ブログも新しい形で投稿しようと考えていたら、なかなかホームページの改変がすすまないので、ブログが途絶えたままになっていました。
とうとう夏からサツマイモの季節になってしまったので、急遽、とっても簡単なサツマイモの天ぷらの写真をアップします。
カラッとあげるのがコツらしいのですが、市販のは、冷えると固まる油を使っていますから、それにからっと感では勝てません。
でも、なたね油をつかうと、味も色もとても良いです。





2020.11.11 | レシピ

«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

携帯サイト

百草園のサイトが携帯からも
ご覧になれます。

http://hyakusouen.jp/mobile.html